wimaxを申し込みした場合クーリングオフは利用できる?

wimaxを申し込みした場合、クーリングオフの対象ではないのです。それですので、よく検討した上で申し込みをするべきです。
申し込み後にすぐ解約すると、解除料・違約金といった名の費用がかかります。
平たく言えば、携帯電話と同じようなシステムと言えるでしょう。
月ごとに請求される光回線の料金は決まった金額を引かれているため、殆ど、意識することがないかもしれませんが、携帯などの料金と合わせた場合を考慮すると、毎月かなりの代金を通信代金として支払っていることになります。
複数の選択肢の中からちょっとでも安いプランで契約をまとめたいものです。wimaxプランのパスポート1年というサービスは利用登録料税別で三千円で利用可能です。
利用開始の月、または契約更新の月から起算して、一年間が契約期間となります。
更新月に解約がない場合は、自動的に契約期間が更新されます。
契約更新の月に解約手続きをした場合は、違約金の請求はありませんから、更新の月を忘れないようにしましょう。
次回のネット環境として、候補にワイモバイルを入れています。
どうせなら得したいので、どういったキャンペーンをしているのか調べました。
ざっくりと目を通してみたところ、他社から乗り換えることによりキャッシュバックという仕組みがありました。
対象などを調べて、慎重になって検討しようと思います。

Contents

HOME

未分類

↑ページの上部へ戻る

Copyright(c)ネット回線速度でもう悩まないために. All rights reserved.